泡盛は黒麹を使用し蒸留させたお酒

泡盛は米(主にタイ産インディカ米)を原料とし黒麹を使用し蒸留させた沖縄独特のお酒のことである。別名では沖縄の地元の人たちには「島酒(しまざけ)」呼ばれ愛されている。

現在では「琉球泡盛」「本場泡盛」と表記できるのは沖縄県内で生産されたものだけである。戦前は単に「泡盛」や「さき」という名で売られていたが戦後になり各酒造所のネーミングによって銘柄として販売されていくようになる。

江戸時代には幕府へ献上されていたがアルコール度数が高いため刀傷の消毒にも使用できることから「くすり」とも呼ばれていた。アルコール度数は45度までとなっており、与那国島で生産される花酒「どなん60度」は原料用アルコール、スピリッツとして販売されている。

法律上、与那国島のみ製造できるお酒としては日本国内最高のアルコール度数である。ちなみにどなんとは「渡難(どなん)」断崖絶壁に囲まれた与那国島のことを指します。名前の由来は蒸留する時には泡がぶくぶくとして盛り上がる様から、サンスクリット語のお酒を意味する「アワムリ」からなどである。

泡盛は中国大陸から伝わったという説もあるが、14世紀後半ごろにシャム(現在のタイ)より貿易が盛んだった琉球国に伝えられたとする説が有力である。実はこの泡盛と焼酎はとても関連があり、泡盛の精製方法が薩摩へ渡りました。

当時は米焼酎として作られていたようですが、その後17世紀に薩摩の漁師であった前田利右衛門によって甘藷が持ち帰られ、サツマイモとして広く栽培されるようになります。そして現在の芋焼酎となっていくのです。

また泡盛に使用していた黒麹も薩摩へと渡り、芋焼酎などで使用されるようになりました。泡盛はワインや日本酒のような醸造酒とは違い、一度開けてたとしても、直射日光をさけてと蓋をしておけば何十年でも保存ができます。

泡盛はアルコール度数が高いため、そのものに殺菌作用があり雑菌が増えることもなく瓶詰めでも熟成をすると言われています。焼酎ブームや沖縄文化や芸能の流行によって2004年まで県外出荷量は増加したが、その後は平行線をたどり下降気味となっている。

現在、泡盛には酒税軽減特例処置がされていて優遇税率が-35%となっており2017年5月14日まで適用されることとなっている。もしこの特例処置がなくなってしまって他のアルコールと市場で競争しなければならなくなった時には泡盛は果たして今の立ち位置を守れるのか、それとも業界の中で淘汰されていくのでしょうか。